top of page
検索
  • masa-en

SEVEN CAFE(コンビニ「セブンイレブン」のPB)の、発酵バターと洋酒香るフルーツパウンドケーキです


2023年2月15日(水)

「セブンイレブン」のオリジナル・スイーツの1つ、フルーツパウンドケーキを買いました。

ところで、パウンドケーキの名前の由来と言うのは、あまり知られていないようです。

パウンドケーキは、18世紀後半に、イギリスで生まれたお菓子(ケーキ)です。

材料は、主に、小麦粉・卵・砂糖・バターの4種類です。

この4種類を、1パウンド(グラムに換算すると450g程度)ずつ使って焼き上げることから、パウンドケーキと呼ばれるようになったそうです。

個人的には、大人になるまで、この由来を知りませんでした。

子供の頃は、この意味(由来)がわからず、フワフワしてバウンドするから、バウンドケーキだと勝手に思っていたものです。

(懐かしい思い出です。)

今回のフルーツパウンドケーキは、そんなに大きなケーキではありませんでした。

おそらく、配合をそのままにして焼き上げた物を、カットしたのでしょう。

製造元は、「シェリエ」と言う埼玉県本庄市に本社のある会社でした。

レーズンやチェリー、オレンジ、パイン等、様々な種類のドライフルーツが、比較的多めに、パウンドケーキの中に混じっています。

また、全体にレモンと洋酒(ブランデー)の甘い香りが漂うので、爽やかさと芳醇さを覚えました。

(大人のスイーツと言う感じです。)

さらに、発酵バターを使用していることから、濃厚なバターの風味も、楽しむことができました。

実に、バランスの取れた、優れたスイーツと言えます。

とても奥深い味わいでした。

(美味しかったです。)

    遠藤雅信

閲覧数:60回0件のコメント

Comentarios


bottom of page