top of page
検索
  • masa-en

埼玉りそな銀行浦和中央支店の、からくり時計


2022年10月16日(日)

転勤先の青森(別会社に出向していました)から、東京の本社に戻った後の一時期、浦和(埼玉県さいたま市)の社宅に住んでいました。

(その時、人生で初めて埼玉県民になりました。) 社宅の住所は浦和区の常盤で、今はもう、そこは会社の所有ではなくなっています。

とても懐かしいです。

1階と2階が、「三越浦和」と言うギフトショップでした。

その頃見かけたのが、埼玉りそな銀行浦和中央支店のからくり時計です。

決められた時刻になると、可愛らしい子供の人形が出てきて、音楽に合わせて体を動かします。

メルヘン的なイメージで、ほのぼの感があっていいなと思っていました。

オブジェとは違いますが、こうした建造物は、街の風景の一部として、とても大事な役割を果たしています。 地元の人は、誰もが知る時計なのでしょう。

(待ち合わせの目印等にも使われたことでしょう。) 時が経ち、街の住民や行き交う人は変わっても、じっとそこに立ち、街を見続けてきたからくり時計です。

まさに、時代とともに生きてきたと言う感じです。

そう考えると、なんだかとても愛おしい気持ちになりました。

浦和は、さいたま市に統合される前は、1つの市(浦和市)でした。

しかも、県庁所在地です。

中山道沿いの宿場町として長い歴史を持つし、行政の核として、その存在意義は大きかったと言えます。

しかし、最近は、同じさいたま市内の大宮区とのバトルも取り上げられ、昔から住民はやや悔しく思っているのでしょう。

さいたま市というのは大きくなり過ぎた分、それぞれの地域(区)の特徴が、確かに見えづらくはなりました。

浦和と大宮、どちらかが勝者なのではなく、両方いいと思います。

ふと、そんなことも考えました。

    遠藤雅信

閲覧数:64回0件のコメント

Comments


bottom of page