top of page
検索
  • masa-en

青森港のメモリアルシップ(かつての「青函連絡船」)、八甲田丸です


2021年10月11日(月)

JR青森駅に立ち寄ったことのある人は、線路が海に向かっていることに気付くと思います。

これは、かつて、「青函連絡船」が活躍していたときの名残と言えます。

つまり、青森の次の駅は函館と言うか、北海道だったのです。

かといって、地図上には線路は存在しません。

「青函連絡船」が、線路としての役割を果たしていたのです。

本州から北海道行きの列車が青森駅に到着すると、列車は、そのままの編成で「青函連絡船」内に収容されます。

一方、乗客たちは、一旦列車を降り、「青函連絡船」の客室スペースに乗り換え、津軽海峡を渡っていました。

当時としては、4時間ほどの船旅だったようです。

かつては、北海道と本州をつなぐ、唯一の交通手段でした。

「青函連絡船」は、長い歴史や様々なエピソードを残してきたと言えるでしょう。

今は、「青函トンネル」により、北海道と本州がつながっている為、かつては賑わいを見せていた青森港も、すっかり平穏を取り戻しています。

(むしろ、静か過ぎる程です。)

「青函トンネル」は、1961年(昭和36年)に着工され、完成したのは1987年(昭和62年)でした。

まさに、「昭和の大偉業」の1つだったと思います。

今、かつて青森港があった周辺は、公園として整備されています。

そして、多くの客車や乗客・荷物等を運んだ、連絡船の中の1隻、「八甲田丸」が鎖につながれ浮かべられています。 この船は、有料ですが、中に入ることができます。

船内には、かつての施設が残されているとともに、「青函連絡船」の歴史に関する展示も行われています。

とても興味深く、見応えのある施設です。

1時間ぐらいでは、とても見切れないほどです。

せっかく青森に行ったら、是非、じっくりと見学することをお勧めします。

    遠藤雅信

閲覧数:10回0件のコメント

Commenti


bottom of page