top of page
検索
  • masa-en

青森のおでんは、「生姜味噌」を付けて


2021年10月12日(火)

おでんは、日本全国で愛されている、冬の定番料理です。 (関西では、なぜか「関東炊き」と呼んだりします。)

専門店の本格的なおでんもいいですが、各家庭のおでんも、それぞれ味わいがあっていい物です。

(家庭によって、入れる具の好みが様々です。)

何よりも、体が冷える冬の夜に食べるのが、おでんの醍醐味だと思います。

青森で食べるおでんの特徴は、独特の調味料、生姜味噌が付けて食べることです。

これは、青森独自だと思います。

食べ慣れていないと変な感じがしますが、個人的には大好きです。

生姜が擦り込んであるので、普通の味噌よりも少しだけスパイシーで、体が温かくなります。

(温かさを求めるのは、北国ならではと言えるでしょう。)

コンビニ(「ローソン」)でも、おでんを買うと、辛子か生姜味噌で好きな方を付けてくれます。

とても優しい味わいの生姜味噌、素朴さも感じられ、青森らしくていいなと思います。

    遠藤雅信

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page