top of page
検索
  • masa-en

青森ならではの味覚、「みず」です


2021年10月1日(金)

青森には「みず」という食べ物があります。 山菜の一種ですが、ちょっと唐辛子を混ぜて、ピリカラ風の漬物にして食べます。 正式名は、ウワバミソウと言うそうです。

青森の居酒屋さんなどで、これが「付出し」として出てくると嬉しくなります。 最初は淡白な味だと思いました。 しかし、食べつけてみると、なかなか深みのある美味しさです。 (青森にいた頃、とても気に入っていました。) 東京の「みず菜」とは違う物で、極細のフキという感じです。 シャキシャキとした。みずみずしい食感がたまりません。

ご飯にもお酒にも合います。 先日、これを飯田橋の「北彩館」で買うことができました。 「北彩館」は、青森固有の物産を扱う、所謂アンテナショップです。

「みず」は、東京では実に貴重な食べ物です。 とても素朴な感じで、本当に美味しかったです。

   遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Commenti


bottom of page