top of page
検索
  • masa-en

霞が関中央合同庁舎第四号館・金融庁物語


2021年11月3日(水祝)

昨年、長期入院していた時に読んだ1冊です。

他にやることがないので、いろんなジャンルの本を読むことができました。

この本は、江上剛さんが、2006年(平成18年)に書いた、経済小説です。

出版元は、実業之日本社です。

江上氏は、銀行や証券、中央官庁等、金融業界をテーマにした作品を沢山書いています。

(江上氏は、かつて、第一勧業銀行の広報部次長でした。)

主人公は金融庁統括検査官です。

その彼が、監査を行う中で、大手銀行の不正を暴いていくと言うのがストーリーです。

銀行に対する金融検査と聞くと、どうしても「半沢直樹」シリーズの黒崎検査官を連想します。

実際、検査に入られた銀行の担当が、未提出で見られたくない資料を、段ボールごと、普段使っていない倉庫に隠したりすることは日常的だそうです。

まさに、狐と狸の化かし合いです。

でも、あまり生産的ではないことは確かでしょう。

個人的には、晴れた日に傘を差し出し、雨が降ると傘を取り上げると言う銀行のやり方には、強い憤りを覚えます。

(勿論、銀行は社会にとって、大切な役割を担っている訳ですが。)

なかなか興味深い内容で、とても面白く読むことができました。

    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Comentarios


bottom of page