top of page
検索
  • masa-en

門司港(福岡県)名物のグルメ、焼きカレーです


2021年9月10日(金)

門司港名物のグルメ、焼きカレーを地元の人気店「ベアーフルーツ」で食べました。

焼きカレーと言うのは、普通のカレーライスの上に玉子とスライスチーズを乗せ、オーブンで焼く料理です。 但し、これは基本的な作り方に過ぎません。 店毎に工夫し、いろいろバージョンが生み出されているようです。 門司港駅の周辺には、焼きカレー専門店がいくつかもあり、それぞれの店の特徴を競っています。 「ベアーフルーツ」もその中の1つですが、TVの情報番組で取り上げられたことから、話題になっていました。 (タレントの上戸彩さんが、この店の焼きカレーを食べ、「最後の晩餐にしたいメニュー」だとコメントしたそうです。) 数ある焼きカレー店の中で、ここが一番混んでいました。 (さすが、上戸彩効果です。)

店内に入るには順番を待たねばならず、仕方なく、入口の用紙に名前を書いて待ちました。

待ち時間は、約1時間程でした。

やっと入った店内は、コンパクトで、とてもお洒落な雰囲気でした。 窓から、門司港を眺めることができます。 有名人のサイン色紙が、沢山貼ってありました。 中には、明石家さんまさんの写真もありました。 焼きカレーは、注文を受けてからじっくり焼くので、普通のカレーよりも、だいぶ、時間がかかりました。

でも、その待ち時間が嬉しかったです。

まさに、手間がかかっているなと言う感じです。 熱々の焼きカレーは、とても香ばしく、実にいい味でした。 焼いた分だけ、味が凝縮されたように感じられました。 溶けたチーズと玉子の風味が、全体の味をより深めています。

そのことが、食感に新鮮さを生んでいます。

ちょっと、イタリアンな印象もありました。

最後の晩餐に選ぶかどうかはともかく、本当に美味しかったです。

    遠藤雅信

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page