top of page
検索
  • masa-en

門司港の想い出(3)


2021年9月9日(木)

福岡県の門司港は、レトロな港町として、今とても注目されている観光地です。

門司港を旅行で訪ねたのは、2019年2月のことでした。

博多駅から門司港駅まで、 JR九州の特急に乗って行きました。

「きらめき」と言う名前の特急です。 (とても、カッコいい車両で、乗り心地も最高でした。) JR九州は独自の観光戦略を打ち出していて、特急列車の種類も非常に多いのが特徴です。

(「乗り鉄」にとっては、実に興味ある会社でしょう。)

大人気の「ななつ星」も、たしかJR九州の所属だと思います。

門司港駅の昔の駅名は、門司駅でした。

関門連絡線の時代には、門司が九州唯一の玄関口として、とても栄えていました。

まさに当時の交通の要所であり、炭鉱が近いせいもあり、多くの人が暮らす中心的な大都市だったと言えます。

しかし、本州と九州の間が橋やトンネルでつながってからは、博多にすっかりその座を明け渡すことになりました。

だから、今は、その分を観光で盛り返そうとしているのでしょう。

そう言う意味では、門司港はとても魅力的な街です。

なんだか、時間が止まったような、ゆったりした町並で、とても落ち着く雰囲気です。

ノスタルジックな街でもあり、時代(歴史)を感じるには最適と言えます。

港町として栄えた、横浜や神戸に似た雰囲気もあります。

まさに、レトロを味わうにはふさわしい街だと思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page