top of page
検索
  • masa-en

遊園地に行こう!


2021年11月13日(土)

作者は、かつて「デパートへ行こう!」と言う作品を書いた、真保裕一さんです。

「遊園地に行こう!」は、2019年(令和元年)に講談社から発刊されています。

デパートと遊園地は、どちらもアミューズメント施設なので、シリーズ作と言えるかもしれません。 (あと2冊、「ローカル線で行こう!」と「オリンピックへ行こう!」言う、真保裕一さんの小説があります。) これらのタイトルは似ていますが、登場人物のキャラクターやシチュエーション等で、共通する点は全くありません。

それぞれが独立した小説(ストーリー)として、見るべきだと思います。

但し、デパート同様、遊園地もいろんな人間が集まる所です。

いろんな出会いがあるという意味では、「デパートへ行こう!」に近いかもしれません。

関連する業務も幅広いことから、来園するお客様以上に、いろんな性格や特徴を持つ人が働いていると言えます。

「遊園地へ行こう!」では、一癖も二癖もある、魅力的な従業員が沢山登場します。

そして、その中で興味深いエピソードが次々と生まれてきます。

とてもわくわくして、引き込まれるストーリーでした。

真保さんの作品の特徴は、スピード感であり、次々と起こる事件の面白さだと思います。

謎解き(ミステリー)の要素もあります。

映画等の原作に、よく使われるのもわかる気がします。

(まだ、「遊園地に行こう!」は、映像化がされていませんが。)

「デパートへ行こう!」同様、職場の内部の事情等は、綿密な取材に基づく物と感じられました。

     遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page