top of page
検索
  • masa-en

超お得な平日ランチメニューの店「餃子の福包」です


2021年7月15日(木)

新宿2丁目の餃子専門店「餃子の福包」は、人気店の1つです。

(場所は、KDX新宿286ビルの1階です。)

焼き立てで香ばしい焼き餃子や、つるんとした食感で奥深い味わいの水餃子等、メニューも豊富ですし、どの料理も美味しいと言えます。

しかも、価格はリーズブルです。

夕食や餃子をつまみにしてのビールもいいですが、この店の最大の魅力は、ランチの定食でしょう。

(但し、平日のランチタイムのみのサービスです。)

もともと、コスパが高い店が、ランチの定食になると、更にお得感が増します。 餃子が2皿分と、ご飯とスープがセットになっているにも関わらず、なんと、ほぼ餃子2人前分の価格なのです。 (つまり、ご飯とスープはサービスで付いているという感覚です。)

選べる餃子の種類は、焼き餃子と水餃子の2種類です。 そして、2皿分はそれぞれ自由に選択することができます。 (焼き餃子と水餃子を1皿ずつにしてもいいし、どちらか片方の種類を2皿頼むこともできます。)

個人的には、焼き餃子の方が好きなので、焼き餃子を2皿分(2人前)頼むケースが多かったと思います。 1皿の焼き餃子は6個なので、2皿分だと合計12個になります。

これは、本当にボリューム満点です。

にんにくを入れるかどうか(ありかなしか)を選べるので、午後の用事(仕事)を考えて、ニンニクを抜いてもらうこともできます。

価格といい、味と言い、きめ細かなサービスといい、まさにサラリーマンの為の餃子屋さんです。

やきたての餃子と白飯は、本当に良く合います。

(まさに愛好のマッチングです。)

餃子は中国料理が原点ですが、特に焼き餃子については、米を主食とする日本人が日本人の為に開発した、「ザ・和食」の1つではないかと思います。 (焼き餃子については、満州に出兵していた日本の兵隊が、帰国後に開発した日本オリジナルの料理という説もあります。)

餃子の定食を食べると、本当に元気になります。

これを食べて、また、午後も頑張れるという気分になるのです。

本当にいいお店だと思っています。

    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

コメント


bottom of page