top of page
検索
  • masa-en

読売新聞用字用語の手引・第5版


2021年10月17日(日)

国語辞典(新明解国語辞典)とともに、この、用字用語の手引もたまに使っています。

そもそもは、読売新聞の記者が記事を書く際に、お手元の資料として使う為に編集されたものです。

(昔は、「記者ハンドブック」と言う名前だったと思います。) これが意外と使いやすく、便利な一冊と言えます。

外国の地名等をカタカナで書く時の、正しい表記方法も載っています。

外国の歴史上の人物の性格な名前を知ることもできます。

マホメットは、イスラム教の創始者として有名ですが、実際の表記上は、ムハンマドとするのが正解だそうです。

その他、いろんな略称の正式な名前が載っていたりします。

閑な時、パラパラと見ていると、なかなか興味深いです。

新聞の記事等は、たった一文字の違いでも、いろんな波紋を引き起こしたりします。

それだけ、記者やデスクの人たちは緊張感を持って、紙面を作成しているのでしょう。

そんな苦労も、ちょっとだけ想像ができます。

まさに、「言葉は生きている」し、「一人歩きする物」だと、改めて思います。

    遠藤雅信

閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page