top of page
検索
  • masa-en

茨城県産の干し芋、姫はるかです


2023年10月22日(日)

秋になるとよく見かける旬の食べ物、干し芋を買いました。

姫はるかと言うのが、その商品名です。

製造しているのは、「東京フード」(本社は栃木県佐野市)です。

さつまいもの中でも高級と言われる、紅はるかと言う種類を材料に使っていました。

紅はるかの特徴は、芋の形が良く、糖度が抜群に高いことだそうです。

その紅はるかを、氷温熟成と言う製法で干し芋にしています。

(『氷温域』と呼ばれる、0℃~氷結点の温度帯で、じっくり熟成させる方法です。)

ねっとりした食感で、さつまいもが持つ、本来の甘味を充分に引き出していました。

程良い甘さで、とても美味しかったです。

(癖がなく、あきの来ないスッキリとした味わいだと思いました。)

表面に白い粉が浮き出ているのは、麦芽糖の成分です。

さすが、北関東の名物だけのことはあります。

からっ風と呼ばれる、吹き下ろしの寒風も、干し芋を美味しく作るには欠かせない要素なのでしょう。

とても、いい買い物をしました。

    遠藤雅信

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page