top of page
検索
  • masa-en

紫陽花の花が咲く、季節になりました


2024年6月9日(日)

6月の初めは、毎年、紫陽花(あじさい)の花が満開を迎える季節です。

梅雨のうっとおしさが続く毎日ですが、そんな中で紫陽花の花を見るとホッとします。

自然の見事な造形美と言うか、本当に均整が取れていて、なおかつ鮮やかな色合いです。

そして、どうして紫陽花は、皆、違ったような花なんだろうと思います。

人間の顔にそれぞれが特徴的があるように、紫陽花もまた、一花一花が個性的なように感じられました。

紫陽花には、ガクアジサイとハナアジサイがあって、大きく分かれるのだそうです。

そんな学術的なこととは関係なく、とにかく美しいのが紫陽花です。

色も、赤みの強い紫から青っぽい紫、白等、様々な種類があります。

(一般的な花は、色の種類も少なく、何よりも形は画一的と言えます。)

紫陽花の花は、「私の美しさを見て」と訴えてくるようです。

一年の間で、この時期しか見られないのも、稀少性と言う価値があると思います。

先日は、花びらが星形のように見える紫陽花を発見しました。

(それは、ガクなのか花びらなのか、よくわかりませんでしたが。)

つい、しばらく立ち止まって、観賞してしまいました。

何事も、自然の作り出す物については、無限の可能性を秘めていると思わざるをえません。

(大自然に較べれば、人間はなんてちっぽけな存在なのでしょう。)

しばらく、紫陽花を楽しめる時期がやってきたことで、心がやや前向きになったと感じました。

(シャッターを切る楽しみも、増えそうです。)

    遠藤雅信

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page