top of page
検索
  • masa-en

秋葉原「青島食堂」で味わう、新潟ラーメン


2021年9月16日(木)

新潟県は、「ラーメン王国」と言われています。

それだけ、ラーメンの種類が多く、ラーメン文化も熟成しているのでしょう。

先日、長岡の生姜入りラーメンが、TVの情報番組で取り上げられていました。

新潟県は、雪国で知られています。

厳しい寒さに備え、体を温める為に、擦った生姜をラーメンに入れるのが名物(習慣)なのです。 無性に食べたくなりました。 調べてみると、生姜入りラーメンの本場(長岡市)にある、「青島食堂」と言うお店が、秋葉原に支店を出していることがわかりました。 これはもう、行くしかありません。 秋葉原の、岩本町に近い場所に、「青島食堂」はありました。

「青島食堂」は、有名店(行列店)のようで、店内はもちろん、お店の外にも順番待ちのお客さんが沢山いました。 入口の自動販売機で食券を買い、列に並んで呼ばれるのを待ちました。 券を買った直後、店主にその券を見せ、予め注文内容を伝えておくがルールのようでした。 青島ラーメンを、普通盛りで注文しました。

(一緒に、中生ビールも付けました。) 周りでは、チャーシュー麺を頼む人が、圧倒的に多かったです。 席に着くと、生ビールが運ばれ、一緒につまみも付いてきました。 (つまみはサービスです。) つまみは、チャーシューの切れ端とメンマです。 なかなか美味しかったです。 特に、チャーシューは柔らかく、味が染みていました。 チャーシュー麺を頼む人が多いと言うのも、よくわかりました。 その後、僅かな時間差でラーメンが出てきました。

青島ラーメンは、醤油味で、香りが良く、とても奥深い味でした。 (やはり、北国のラーメンは美味しいです。)

擦った生姜の効果でしょうか、スープを飲んでいる内に体の中から熱くなってきました。 チャーシューをもっと食べたいとも感じましたが、つまみに出て来た物を、ラーメンに追加で入れたので、充分な量になりました。 このお店は、わざわざ並んででも、食べる価値は充分にあると思います。 「ラーメン王国」ならではの醍醐味です。 これまで、新潟と言うと、米、日本酒、そして海産物が主なイメージでしたが、それらと同じくらい、ラーメンもいけると感じました。

本当に美味しくて、大満足でした。     遠藤雅信

閲覧数:5回0件のコメント

Kommentare


bottom of page