top of page
検索
  • masa-en

病院食に相性バッチリ、「三島食品」のゆかりです


2023年12月17日(日)

入院をしていると、いろんな悩みが生じてくる物です。

中でも、最大の悩みは、食事についてでしょう。

(どうしても、病院の食事には飽きます。)

自分でメニューを決められないと言う、ストレスも生じます。

病院という限られたエリアでの生活を強いられ、しかも、そこに検査や治療が加わるのですから、まさに、「すまじきものは入院」だと思います。

さて、病院の食事(病院食)ですが、体の回復をメインにメニューが組み立てられていて、不味くはないものの、どうしても、全体的に味付けが薄くなっています。

普段の食事に較べると、量はまずまずとして、ちょっと物足りない感覚を覚えます。

(入院あるある、でしょう。)

特に、私の場合、治療箇所の関係もあり、普通の、硬く炊いたご飯が出ませんでした。

五分粥と言って、ごくさらさらのものと、その後は、やや粘った、柔らかい食感の全粥でした。

もっと、硬いご飯が食べたいと、心から願いました。

しかし、医者の指示に従ってのメニューが、それだったのでしょう。

そこで、病院の売店で、ゆかりを買って来て、それを使って食べた所、実に美味しく完食できました。

ゆかりは、シソの風味のふりかけで、簡単にしそごはんを作ることができる、魔法のふりかけです。

とてもいい風味で、気に入りました。

ゆかりの製造元は、広島県広島市にある、「三島食品」です。

地元を代表する、大企業と聞いたことがあります。

ご飯にかけるふりかけや、混ぜご飯の素が主力商品で、その種類の多さには驚かされます。

また、ユニークなネーミングの商品も多く、ゆかり以外でも、かつおやあかり、かおり等があります。

「三島食品」の豊富なラインアップには、とても興味を惹かれました。

退院したら、いろいろと買って、試してみようと思いました。

とにかく、病院食の友として、ゆかりさんにはとても救われたので、心より感謝しています。

    遠藤雅信

閲覧数:4回0件のコメント

コメント


bottom of page