top of page
検索
  • masa-en

病院の庭園では、コスモスが咲いていました


2023年12月18日(月)

かかりつけの病院で治療を受ける為、12月4日(月)から12月17日(日)迄の期間(2週間)、入院をしていました。

手術や、その後の検査・処置等が続き、とても慌ただしい2週間だったと言えます。

今回は術後の経過が順調で、痛みや苦痛を覚えることは殆どなく、無事に過ごすことができました。

(それでも、一時的に数値が悪くなったり、ダルさが続く日もありました。)

点滴や薬で痛みを散らしているだけで、身体への負担は、少なからずあったのでしょう。

後半は、若干、体力も回復し、医者からの指導もあって、少しでも多く歩くようにしていました。

病院には、入院患者専用で散歩ができる庭園があります。

そこの花壇は、きちんと手入れがなされ、しかも入院患者しかいないので、臆することなく、しかも自分のペースで散策できました。

屋外ですが、幸い、暖かい日もありました。

私の好きな花、コスモス(秋桜)が植えられている一角があって、特に心が和みました。

社会から隔離された存在の入院患者にとって、綺麗な花が見られるのは、とても嬉しいことです。

運動(散歩)も兼ねて、私のお気に入りスペースでした。

高度な技術と素晴らしい医療環境を造って、患者に提供してくれる病院の姿勢には、ただただ、感謝の気持ちしかありません。

1日でも長く生き延びていくことで、そのお返しをしたいと、改めて思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page