top of page
検索
  • masa-en

焼き立て食パン専門店「佐倉パン 志津工房」が、京成本線志津駅(南口側)近くにオープンしました


2022年3月23日(水)

京成本線の志津駅前は、商業施設も少なく寂しい地区ですが、この度、高級食パンの専門店が新たにオープンしました。

「パティシエが作ったパン屋さん」と言うのが、キャッチフレーズです。

(とても、お洒落なイメージのお店でした。)

オープンしたのは3月12日で、実は、その日にも買いに行ったのですが、長い行列ができていたので、買うのをあきらめました。

先日、二度目に訪問した際には、誰も並んでいなかった為、楽に購入することができました。

店の奥のかなり広い部分は、パンを焼く工場(工房)になっています。

そして、販売するスペース自体はとてもコンパクトでて、店頭にはわずかしか商品を置いていません。

売れると、少しずつ補充するシステムのようでした。

まだオープン直後と言うことで、「生」食パン(1個税込600円)と「焼」食パン(1個税込500円)の2種類だけを販売していました。

(今後、フレーバーパン等の種類を増やしていく予定だそうです。)

本当に、食パンだけにこだわったお店と言えます。

せっかくなので、2つとも買ってみました。

家に持ち帰り、とりあえず、「生」の方を切ってみて、バターを乗せて食べました。

(柔らかくて、とても切りづらかったです。)

モチモチして、濃厚な食感がとても深い味わいでした。

なんだか、パンの旨みが凝縮したような食パンだと感じました。

ちょっと高価ではあります、それ以上に、とても美味しかったです。

同じ食パンでも、「こだわり」の深さによって、これほどに味が違う物かと、改めて感動を覚えました。

    遠藤雅信

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page