top of page
検索
  • masa-en

森下(江東区)の公園で出会える、「インディアンのブランコ」


2022年10月5日(水)

森下駅近くのさりげない公園(公園名は「五間堀公園」)で、「インディアンのブランコ」と言う名前の子供用遊具を見つけました。

たまたま歩いていて、偶然出会ったのです。

正式名は別にあって、「インディアンのブランコ」と言うのは俗称かもしれません。

でも、特徴や第一印象を表現した、鋭いネーミングだと思います。

インディアンと言うのは純粋なインド人の方ではなく、アメリカンインディアンの方です。

(西部劇では、常に悪役側を演じている原住民です。)

(でも、もともと昔からそこに住んでいて,土地に対する正当な権利があるのは彼らの側で、アメリカ・フロンティアの方が、むしろ侵略者なのでしょう。)

ブランコのメインの支柱が、インディアン(男)になっています。

支柱の上の方には、勇ましさとともに、ちょっと愛嬌のある顔が付いています。

全体からは、「天空の城ラピュタ」に出てくる、巨神兵のような印象を受けました。

私は、この「インディアンのブランコ」に、強い興味を惹かれました。

とてもユニークな外観だし、心がほのぼのするようです。

昔からいるようで、でも完全に地元には馴染んでいないようで、不思議な存在のように思われました。

はにかみながら、そこに立っているようにも見えます。

やはり、彼にとって、日本は「異国の地」なのでしょうか? (この遊具の設計者は、どう言うイメージで図面を引いたのでしょうか?)

なんだか、彼(インディアン)の心の中を覗いてみたくなりました。

子供好きの彼のことです。

これまで、数多くの子供達と楽しい時間を過ごしてきたことでしょう。

(勝手な想像ですが。)

こう言う興味深いものとの出会いこそ、街歩きの楽しみだと改めて思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page