top of page
検索
  • masa-en

東京駅の名物駅弁、「チキン弁当」

更新日:2021年7月21日


2021年7月21日(水)

今、駅弁界において、「オレンジ色の憎い奴」と呼べるのは、東京駅で売られている「チキン弁当」だけでしょう。

個人的には、それほど強烈なインパクトがある駅弁です。

昔からある、定番の駅弁でもあります。

中身はとてもシンプルで、鶏唐揚げとケチャップライスの2つがメインです。

(最強の「二本柱」と言えるでしょう。)

ケチャップライスの上には、玉子とグリーンピースが乗っています。

若干、中身の組み合わせ等は変化してきていますが、パカッと開けるパッケージのデザインと、あの目立つオレンジ色は変わっていません。

(まさに、「ジャイアンツ・カラー」です。)

なぜ、チキンなのに、オレンジ色なのでしょう?

きっと、ケチャップ色のライスから来ているのでしょう。

子供の頃から大好きで、買ってもらうのが本当に楽しみでした。

(いかにも、子供が好きそうな食材がギッシリ入っています。)

社会人になってからも、出張の際等に、よく購入してから電車に乗り込んだものです。

大人になっても忘れない、好きな味だと思います。

この味の好きさ加減は、本当に年を取っても変わりません。

どちらかと言えば、醤油系の味付けが多い駅弁の中で、これは異色と言うか「異端」のような気もします。 そんな所にも、惹かれていたのでしょう。 食事として食べてもいいし、ビールのつまみとしても最高です。

できれば、駅以外でも買えるようにして欲しいと願います。

    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page