top of page
検索
  • masa-en

東京ビッグサイト(国際展示場)近くの野外彫刻、「風の詩」です


2022年10月12日(水)

りんかい線・国際展示場駅から東京ビッグサイトに向かう途中に、3本の柱で構成される彫刻(オブジェ)があります。

佐藤賢太郎さんと言う彫刻家の作品で、タイトルが「風の詩」です。

佐藤賢太郎さんは、1948年(昭和23年)新潟県生まれの彫刻家で、これまで、各地の屋外彫刻を多数手がけています。

そして、「風の詩」は1996年(平成8年)に制作された作品だそうです。

全体に丸みを帯びていて、無機質な直線のビルが建ち並ぶお台場地区にあっては、とても人間的だと感じられます。

個人的には、この彫刻の屈託のない笑顔を見ていると、心が安らぐ気がします。

まるで、「いいんだよ、笑っていればいいことあるから」と語りかけてくるようです。

ギスギスした社会において、人はだんだんと笑うことを忘れてしまいがちです。

特に、ビジネスの世界では、私情を差し込むことは禁物です。

常に、交渉相手には弱みを見せぬよう、気を配る必要があります。

(それは、同僚に対しても全く同じです。)

(気を許すと、足下をすくわれるのが会社であり、仕事なのです。)

そんなものとは無縁のこの彫刻は、個人的にはお気に入りと言えます。

街歩きをしていて、お気に入りの野外彫刻に出会うことは、気持ちを前向きにしてくれます。

とてもいいなと、改めて思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page