top of page
検索
  • masa-en

早稲田(新宿区)の「メルシー」は、懐かしいお店です


2021年5月21日(金)

早稲田に、「メルシー」と言うラーメン屋があります。 (近くに早稲田大学があり、学生街の一画です。)

(地下鉄・東西線の早稲田駅を降りてすぐの所にあります。) ちょっとお洒落な店名なので、中華料理を出す店には思えません。 もともとは、喫茶店だったそうです。 その為、店の看板には「軽食・喫茶」と書いてあります。 オムライス等、ラーメン以外のメニューも扱ってはいます。 でも、この店に来て、ラーメンを頼まない客はいないでしょう。 それほど、ラーメン屋としての地位を確立している店なのです。 長い歴史を持つ店で、私が早稲田の学生だった40年以上前からありました。 早稲田大学のOBの方であれば、誰もが知っている店です。

(絶対に、1回は行っていると思います。) 社会人になってからも、懐かしさから、背広姿で訪れるサラリーマンもよく見かけます。

まさに、青春を思い出す味と言えます。 昔から値段も安く、学生にはありがたいお店でした。 テーブルの上には、「GABAN」(ブラックペパー)が大きな缶のまま置いてあります。

とても家庭的な雰囲気のお店でした。 学生の時は、大抵は1番安いラーメンを頼みましたが、ちょっとお金に余裕のある時には、タンメンかヤサイラーメンにしました。 ちょっとだけ高い、もやしそばと言うのもありました。 具はシンプルですが、なぜか癖になる漢字のラーメンでした。 独特な味わいの、コクの深いスープが特徴的です。 (ホタテのダシが使われていると、聞いたことがあります。)

卒業して年が経った今でも、時々、無性に食べたくなります。

何でもできる、何にでもなれる気でいた、元気な学生時代がとても懐かしいです。

    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page