top of page
検索
  • masa-en

新宿(東口側)雲呑(わんたん)専門店、「広州市場」


2021年7月11日(日)

これまであまり利用したことがなかったのが、雲呑(わんたん)の専門店です。

(日本では、どちらかと言えば、餃子やシウマイの方に、つい目が行きがちです。) そして、雲呑の奥深い美味しさを、改めて認識させてくれたのが、この店(「広州市場」)でした。 場所は、新宿紀伊國屋ビルの近くにあります。 (他にも、何店舗かチェーン店があるようです。)

専門店だけあって、雲呑への強いこだわりが感じられるお店です。 ここでは、わんたん麺が、店側のお勧めメニューですが、個人的には、あえて広州雲呑とライスの組み合わせを注文しています。 雲呑そのものの味を、ダイレクトに楽しみたいからです。

広州雲呑は、ラーメン丼に並々と注がれたスープに、小ぶりのわんたんが、どっさり入っています。 (わんたん麺とは違うので、麺は入っていません。) スープの表面がキラキラ光って、とても魅力的でした。

雲呑を、1個ずつスプーンですくい、食べるラー油を付けて、一気に口の中に放り込みます。 軽く噛むと、ふわふわとろとろの食感に加え、口中に濃厚な肉汁が広がります。 まさに、快感そのものです。 実に、複雑で奥の深い美味しさです。 (強いインパクトがありました。)

まさに、雲呑の醍醐味を味わっている印象でした。 その後、白飯の上にも乗せたりして、残りの雲呑を食べました。 (雲呑の数は、充分過ぎる程あります。)

白飯と雲呑の相性は、本当にバッチリです。 ラー油の辛さと肉汁が、ご飯に染みると、更に美味しくなります。 スープを飲むと、味にキレと深みがあって、実に素晴らしいと思いました。 (醤油の風味が、実に香ばしく感じられます。) 本当に、バランスのとれた、美味しさです。

これほど美味しい雲呑は他では味わえないと思います。 (さすがは、専門店です。)

雲呑は、作り置きを一切せず、その日仕込んだ物を全て使い切るのが、この店のルールだそうです。 秘伝の配合の餡(あん)が、実に豊かな味わいでした。 皮も、程々の柔らかさです。 まさに、本場(広州)の雲呑はこうなんだろうなと思いました。 (本当に美味しかったです。)

心ゆくまで、本場の雲呑を堪能することができ、お腹も幸福感も一杯になりました。 大満足の雲呑専門店です。     遠藤雅信

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page