top of page
検索
  • masa-en

新宿区(東新宿周辺)の由緒ある神社、抜弁天(「厳島神社」)です


2022年12月8日(木)

新宿区の余丁町(よちょうまち)に、長い歴史を誇る「厳島神社」と言う神社があります。

(創建は、1086年だそうです。)

かつて、源義家が、奥州平定に出向く際この地に野営し、期待通りの戦果を上げることができたことに感謝して、この神社を建立したそうです。

そして、「厳島神社」と名付けられたのは、安芸(今の広島県)にある神社からの分霊(ぶんれい)を受けているからです。

しかし、この神社を「厳島神社」と呼ぶ人は殆どいません。

大抵は、抜弁天と言う通り名の方が多く使われているのです。

(抜弁天は、地名のようになっています。)

抜弁天の由来は、参道が南北に通り抜けできる構造になっているからです。

この抜弁天ですが、徳川綱吉の時代に「生類憐れみの令」が出された際に、幕府により多数の犬小屋が付近に作られたそうです。

まさに、歴史とともに歩んでいるなという印象を覚えました。

(東京には、こう言う歴史を刻む施設がいくつも残っています。)

たまたま通りがかった抜弁天ですが、「知れば知るほど」と言う感じです。

少し、歴史に興味を惹かれました。

    遠藤雅信

閲覧数:3回0件のコメント

Comentarios


bottom of page