top of page
検索
  • masa-en

懐かしい、「明治」のアーモンド・チョコレートです


2024年2月7日(水)

「明治」(本社は東京都中央区京橋)が製造元の、とても懐かしいチョコレートを買いました。

商品名は、アーモンド・チョコレートです。

アーモンド入りのチョコとしては、元祖と言うか、定番中の定番です。

(レジェンドとも感じられる商品です。)

そもそも、このアーモンド・チョコレートが発売されたのは、1962年(昭和37年)だそうです。

その頃の私は、まだ、小学校に通う前でした。

(横浜の、「元町幼稚園」の園児でした。)その後、「平成」・「令和」と、年号は変わりましたが、今でも、お菓子(チョコ)としての存在感を発揮しているのは、実にすごいことだと改めて思います。

まん丸いボール状のチョコの中に、カリッとした食感のロースト・アーモンドが、そのまま1粒入っています。

後になって、マカデミア入りとかピーナツとか、いろいろなチョコレート菓子が発売されましたが、やはり、このアーモンドには敵わないと感じます。

子供にとって、1粒は、サイズ的にやや大きく感じたかもしれません。

でも、大人の今となっては、ちょうどいい大きさです。

チョコの甘い香りと、アーモンドの爽快感が口の中で広がり、実に絶妙な味わいでした。

とても美味しかったです。

パッケージも、発売初期の頃とは異なっていますが、長い間、変わっていないのもいいと思います。

(鮮烈な赤色が、心を刺激するようです。)

いろんな思い出が詰まっていて、まさに、時代とともに生きたロングセラーと言えるでしょう。

心から、感動しました。

    遠藤雅信

閲覧数:6回0件のコメント

Comentarios


bottom of page