top of page
検索
  • masa-en

愛用のサブ・カメラが2台になりました


2022年10月4日(火)

今、手持ちのカメラでは、「ソニー」のZV-E10をメインとして使っています。

この機種は、コンパクトカメラの部類ではありますが、実は結構重たく、一緒に交換用のレンズも持ち歩くのでかなりかさばります。

そこで、もっと簡単に持ち歩けるサブカメラとして、同じく「ソニー」のサイバーショット(DSC-RX100M5A)を1台持ち、使い分けていました。

サブカメラとは言え、まさに、長年連れ添ってきた「相棒」のような愛機です。

しかし、このサブカメラも、だいぶ使い込んできているので、ボディに細かい傷があり、やや動き等の調子も悪くなってきました。

そこで、予備のカメラも欲しいと思い、最近、もう1台のサブカメラを買い、サブカメラは2台体制になりました。

(安くはないものなので、思い切って購入しました。)

今回の2台目のサブカメラも、同じ型番の同じコンパクトカメラです。

新調した機種には、別に新しい機能が加わっている訳ではありません。

「ソニー」関係者は、この機種は既にコンパクトデジカメの完成形と表現しているので、あえてモデルチェンジの対象にしないのだと思います。

(それ程、よくできたカメラなのです。)

(モデルチェンジがないのは、最近のカメラ事情も反映しているのかもしれません。)

このカメラは高機能なだけでなく、とても使いやすいので気に入っています。

それに、映像技術(センサー等)では、やはり国産カメラメーカーが1番だと改めて思います。

(また、「ソニー」とは何となく相性がいいとも感じています。)

今後は、メインの1台とサブの2台、合計で3台の「相棒」をいろいろと使い回し、いい写真(ナイス・ショット)を狙っていきたいです。

    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page