top of page
検索
  • masa-en

悪い箇所が見つかり、治療の為に入院しました

更新日:2023年9月29日


2023年9月27日(水)

急遽ですが、今週は入院生活を送っています。

血管に、瘤(こぶ)のような物が1箇所見つかり、それを取り除く処置をする為です。

先生は、「手術」と言う言葉を使わず、「治療」と言っていました。

お腹をメスで切る訳ではなく、内視鏡で取り除くそうなので、そんなに難しい処置ではないのでしょう。

(今の、医療技術の進歩は、改めてすごいと思います。)

入院先の病院は、いつものかかりつけではなく、全く初めての施設です。

大学系の総合病院で、千葉県内にあります。

敷地がやたら広く、すごく巨大な病院です。

豊かな自然に囲まれているので、個人的には心が休まります。

緊急治療にも力を入れていて、ドクターヘリを保有する病院です。

部屋の窓から、ドクターヘリが飛んでくるのが見えました。

医療ドラマの「コードブルー」でも、実際に、この病院がロケ地として使われたそうです。

(緊急医療とは何なのかを考えさせられる、とてもよくできた作品でした。)

まだ、来たばかりで、よくわからないまま日々を過ごしています。

これまで、何ヶ所か入院して、治療や手術を受けてきましたが、それぞれルールやらしきたり、用語の使い方等で、いろいろ違いがあります。

(そう言う意味では、早く慣れたいと思っています。)

治療の方は、昨日、メインの処置を終了し、あとは経過観察だけです。

病院とは縁が切りたいものですが、なかなか、そうもいきません。

でも、体の「駆け込み寺」は病院しかありません。

よく相談しながら、体のケアを図っていきたいと思います。

健康のありがたみを、心から実感しています。

    遠藤雅信


閲覧数:41回0件のコメント

Comments


bottom of page