top of page
検索
  • masa-en

実物大の、鉄腕アトム像です


2022年10月8日(土)

先日(だいぶ以前)、老舗百貨店の日本橋三越に立ち寄った際に、たまたま手塚治虫先生のイベント(原画展)を開催していました。

場所は、本館3階の特設会場です。

偶然にもイベントの開催を知り、とてもラッキーでした。

手塚治虫先生と言えば、日本の漫画界だけでなく、SF(サイエンス・ファンタジー)にも多大な影響を与えた先駆者です。

まさに、神様のような存在と言えるでしょう。

(もともとは、漫画家を目指すと言うよりも、お医者さんになる勉強をしていたそうです。)

発想力や、それを作品に反映する表現力に、心から感服します。

当時として、最先端の科学技術に対する知識も深いものがあったと思います。

会場名(中央)に、実物大の鉄腕アトム君が来ていました。

ちなみにアニメの設定では、アトムの身長は135cm・体重は30kgです。

子供の頃から、鉄腕アトムは大好きなキャラクターでした。

(こんな「相棒」が欲しいと、本当に憧れていたものです。)

撮影OKだったので、何枚か写真に撮りました。

いい記念になりました。

鉄腕アトムと言えば、お茶の水博士が「生みの親」みたいに思われがちですが、実際はそうではなく、天馬博士が製作したロボットです。

そして、お茶の水博士をもじって芸名にしているのが、水道橋博士ですね。

このように、話題が広がりやすいのが鉄腕アトムであり、手塚作品だと思います。

ちょっとの間だけでしたが、童心に戻り、とてもワクワクした気持ちになりました。

    遠藤雅信

閲覧数:3回0件のコメント

コメント


bottom of page