top of page
検索
  • masa-en

大阪「道楽うどん」で、とろろ昆布うどんを食べました


2021年8月30日(日)

日本全国で「所変われば品変わる」と言われ、各地域毎に、様々な食文化(名物の食べ物)が必ずあるものです。

その中でも、特に「麺(めん)」における違いは、実に興味深いと思います。

同じラーメンでも、「朝ラー」と言って、朝ご飯としてラーメンを食べる地域があります。

ラーメン自体も、醤油仕立て・味噌風味・塩味等、ベースとなる味も様々です。

魚介系・とんこつ系というように、メインのダシを何で取るかの違いもあるし、太麺・細麺・極細麺等、使う麺でもいろいろな種類があります。

本当に、日本における麺文化は奥深いと思います。

日本発祥の麺と言うことでは、東京では蕎麦が好まれていますが、関西では圧倒的にうどん文化です。

2018年の7月のことですが、大阪を旅行で訪ねました。

梅田のホテルに宿泊したので、朝ご飯をホテル近くのうどん屋さんで食べました。 お店の名前は、「道楽うどん」です。 ごくごく普通の、チェーン店のようなうどん屋でした。 入口の外側にある自販機で、とろろ昆布うどんと生玉子トッピングの券を買いました。

とろろ昆布うどんは、大阪ならではメニューと言えます。 (東京では、あまり見かけない組み合わせだと感じました。) 大阪のうどんは、とても柔らかい食感で優しい味わいでした。 コシが、やや弱いのが特徴でしょうか? 食べやすくて、しかも美味しいです。 地元の味を地元で味わうと言うのは、まさに旅の醍醐味だと思います。

とろろ昆布は食べ慣れない風味ではありましたが、全体によくマッチしていて、とても美味しく感じました。

(とろろ昆布の塩加減が、味を更に引き立たせてくれるようです。)

この、大阪風のうどんの食べ方はとても気に入りました。

    遠藤雅信

閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page