top of page
検索
  • masa-en

大阪「通天閣」の想い出(2)


2021年8月21日(土)

「通天閣」には、大阪(なにわ)独特の文化が凝縮しています。

まさに、「ザ・大阪」と言うイメージです。

展望台では、「ビリケンさま」と言う、神様をお祭りしています。

この「ビリケンさま」の像は触ることができ、「足の裏を手で撫でると幸運が訪れる」と言われています。

「ビリケンさま」は、通天閣の公式キャラクターも務めているそうです。

展望台からの帰りに立ち寄る2階には、「キン肉マンミュージアム」と言う施設があります。

「キン肉マン」が初めて世に出たのは、1979年(昭和54年)でした。

最初は、漫画週刊誌「ジャンプ」(集英社が発行元)の連載です。 その後、TVでアニメ化されて,子供達に大人気のヒーローとなりました。

とてもユニークで、破天荒なキャラクターだと思います。 作者は、ゆでたまごと言うペンネームで活躍する、2人の男性漫画家(嶋田隆司さんと中井義則さん)です。

実は、お2人とも大阪出身で、この「通天閣」界隈とは深いつながりがあるそうです。

同じく、「通天閣」の内部には、大阪の代表的な企業である、グリコや森永、日清食品のキャラクターショップがあります。

なんだか、ここに来るだけで、大阪の文化が全てわかると言う印象です。

コテコテでディープな文化です。

基本的に、「商人の街」「平民の街」なので、分け隔てや差別のようなものはなく、オープンな文化だと思います。

大阪人は、楽天的でラテン民族のようだと言う識者もいます。

とにかく、元気はあるなぁと感じます。

「通天閣」では、お土産品のショップも充実しています。

(大阪と言えば、食べ物関係のお土産がベストです。)

「昭和」の懐かしさもあり、とても素敵な観光地です。

    遠藤雅信

閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page