top of page
検索
  • masa-en

大好きな牛丼チェーン「吉野家」(京成船橋店)の、牛丼セットです


2022年5月22日(日) 長いこと食べる機会がなく、本当に久しぶりに「吉野家」の牛丼を食べました。

(個人的には、牛丼と言えば「吉野家」が1番という強い気持ちがあります。)

食べたのは、京成船橋駅の改札近くにあるお店です。 昼食としてはやや早い時間帯で、まだ、お得な朝牛セット(午前11時で終了)をやっていました。

店員さんから勧められ、朝牛セットにしてもらいました。

基本の組み合わせは、牛丼の小盛と生玉子、そして味噌汁です。

でも、追加料金で変更が可能というので、牛丼の小盛はアタマの大盛(肉の量だけ大盛)に、味噌汁はしじみ汁に買えてもらいました。 それでも、単品で頼むよりはお得な料金になるようでした。

久しぶりの牛丼(アタマの大盛)は、とても懐かしい味わいでした。 筋のある牛肉とタマネギと言う、シンプルな構成は全く変わりません。 味付け(使用する調味料)も、変わらないという感じです。

だからこその食べ慣れた味で、本当に美味しいと思いました。

「崎陽軒」のシウマイ弁当もそうですが、変わらないのが素晴らしいと言うのは、一理あるのでしょう。

頭がその味を覚えていて、いろんな想い出とともに、美味しかった記憶が蘇るようでした。

玉子はかき混ぜてから、牛丼の上にかけて食べました。 全体の味がマイルドになり、更に美味しさが増しました。

しじみ汁は具だくさんで、とても奥深い味わいでした。

「たかが牛丼、されど牛丼」、そして「さすが吉野家」だと心から思いました。

まさに、「吉野家」はレジェンドの味と言えます。

とても安定感のある味わいで、大満足でした。

    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page