top of page
検索
  • masa-en

台湾料理の店「東栄」で、酢豚定食です


2021年12月22日(水)

大久保(新宿区)にある台湾料理の店で、酢豚定食を昼食として食べました。 お店の名前は「東栄」です。 JR大久保駅の近辺は、かつて日本一のコリアタウンとして有名でした。 その為、今でも、韓国系の飲食店が沢山あります。 (看板やメニュー等で、日本語以外の文字が、まるで溢れているかのようです。) (言わば、日本と外国が混在する街の1つです。) そんな中、台湾料理の店はやや異色の存在に感じました。 (個人的には、台湾の料理は、日本人の味覚にも合うと思います。) (使う食材や加工方法等で、日本の家庭料理に近いものがあるのでしょう。) 店の場所は、雑居ビルの2階なので、狭い階段を登っていかねばなりませんでした。 (やや、入りくい雰囲気は感じました。) それでも、勇気を奮い立たせて店内に入りました。 (案の定、中では、意味のわからない母国語で、店員同士が会話をしていました。) (口喧嘩ではないようですが、声が大きく、語気も強いので、とても不愉快に感じられました。) (こういうのって、なんだか客の悪口を言っているように感じられてしまいます。) 案内された席に座り、定食メニューの中から酢豚定食を注文です。 メイン料理である、酢豚の量がとても多く感じました。 (副菜等も、いろいろあってかなり豪華です。) 食後のデザートとして、杏仁豆腐まで付いていました。 酢豚を、一口食べてみると、とても熱々で驚きました。 でも、その分、スープの方はぬるめでした。 冷ましてから酢豚を食べましたが、とてもコクがあり美味しかったです。 肉と野菜が、うまくタレにからまり、相乗効果を生んでいます。 酢が効いているなとも感じました。 ご飯の量もちょうどよく、すっかりお腹いっぱいになりました。 (ピリ辛味のザーサイが、美味しかったです。) 杏仁豆腐も、フルーツ入りで、いろんな味が楽しめてよかったです。 入る時は、ちょっと冒険でしたが、いいお店に出会うことができました。 (コスパの高い店でした。) 料理の内容には、とても満足です。 ただ、店員のおしゃべりだけは、何とかして欲しいと言う感じはありました。 でも、これも国民性(民族性)の違いで仕方ないこととも言えます。 (腑に落ちない部分も、多少ありますが。) 総合的には、評価の高い店だと思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page