top of page
検索
  • masa-en

印西市(千葉県)の名木、「吉高の大桜」です


2021年6月10日(木) 印西市には、毎年、見事な花を咲かせる「吉高の大桜」と言うのがあります。

樹齢は、推定300年以上だそうです。

高さは10.6メートル、幹の太さは6.85メートルです。

枝を広げた時の周囲は、25メートルにも及びます。

山ザクラと言う種類になるので、ソメイヨシノに較べ、開花時期が1~2週間程度遅くなるのが特徴です。

(開花は、だいたい4月の初旬~中旬ぐらいです。)

そして、咲いている期間も、とても短いです。

満開を迎えた途端に、散り始めると言う感じです。 (見頃は、だいたい、2~3日と言われています。) 開花の情報は、印西市のホームページに載るので、確認後にすぐに見に行くのがいいと思います。

まさに、「花の命は短くて」と言うことなのでしょう。 「吉高の大桜」は、広い畑の中にポツンと立っています。

駐車場やバス停は離れているので、結構、歩くことが必要です。 でも、この大桜が、突然目の前に現れてきたときの感動は、例えようがないと言えるでしょう。

この大桜は、長いこと、この地で世の中の動きを、眺め続けてきました。 (そのことから生まれる、風格のようなものを感じます。) 自然の大きさ・流れてきた歴史の長さに較べれば、人間の一生なんて、本当にちっぽけだと、改めて感じます。 咲き誇る桜、散って行く花びらからは、清々しさしか感じません。

おそらく、桜ほど日本人の感性に響く花は、ないのでしょう。 とても感動できる景色だと思います。    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Commenti


bottom of page