top of page
検索
  • masa-en

八街(千葉県)の懐かしさを感じる中華の店、「ロビン飯店」です


2022年6月17日(金)

以前、用事があり、「落花生の街」と言われる八街を通りました。

その時、八街の地名の由来を知りました。

明治の新政府が、千葉県(旧下総国)を開拓した際に、8番目に手を付けたことから、八街になったそうです。

同じような理由で、千葉県には、五香や六実、七栄などと言った、数字の付いた地名がいくつかあります。

お昼は、「ロビン飯店」と言う、とても懐かしい雰囲気の中華料理店で食べました。 チャーハン+半ラーメンのセットを注文です。 チャーハンは、表面はとても香ばしく、しかも内側はシッとりとした食感が特徴で、実に美味しかったです。

半ラーメンは、スープの変わりになって、相性の良さを感じました。

実にいいセットで、本当に気に入りました。 麺を一人前にして、半チャーハンを付けるセットもありましたが、 やはり、チャーハンは一人前にしてよかったです。 (両方、一人前ずつと言うのは、食べ切れないでしょう。) いいお店を見つけることができ、とても満足しました。

    遠藤雅信

閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page