top of page
検索
  • masa-en

作品づくりのためのOLYMPUS PEN-F


2021年11月7日(日)

趣味の写真(カメラ)の腕を少しでも上げたいと思い、買った本です。

カメラは大好きなので、何台も保有しています。

日本のカメラ技術は進歩していて、本当にすごいと思います。

テクニックがなくても、ある程度、質の良い写真を撮ることができます。

(所謂、「バカチョンカメラ」としての機能がすごいのです。)

今、主に使っている愛機は、「OLYMPUS PEN-F」と言う機種です。

デジタル一眼とか、ミラーレス一眼と呼ばれる種類です。

昔、「オリンパスペン」と言う名前で、ハーフ(通常のフィルム枚数の倍の数が撮影できるのが特徴)の、コンパクトカメラ(フィルム対応)がありました。

とても可愛らしいデザインで、その割には高機能でした。 旅行などで持ち歩くには最適でした。

私も、子供の頃、この「オリンパスペン」を親に買ってもらって使っていました。 買ってもらった時は、とても嬉しかったです。 「OLYMPUS PEN-F」は、同じオリンパス社ですが、昔の「オリンパスペン」とは全く違う、更に良くできた高級カメラです。 性能の高さは言うまでもありませんが、ちょっとレトロ風で、昔のカメラにデザインが似ている所も気に入っています。

私にとっては、現在、マイ・カメラのナンバーワンです。

この本では、実際に、「OLYMPUS PEN-F」で撮った写真を掲載しながら、撮影テクニック等の解説を行ってくれています。

とてもありがたい本(ガイドブック)と言えます。

「OLYMPUS PEN-F」の利点は、プロが使うようにいろんな機能を持ち合わせていながら、AUTOモードを使うことにより、初心者でもある程度の、質の高い写真が

撮れることです。 また、レンズも交換可能なので、買い足すことによって、いろんな写真を楽しめます。

その分、お金はかかりますが、趣味としてはちょうどいいと言うか、奥の深い楽しみ方ができると思います。

必要時に装着して使える、フラッシュが付属品なのも重宝だと思います。

私は、主に風景とかを撮るのが好きなのですが、コロナ禍もあり、最近はあまり外出できていませんでした。 今後は、もっと撮影に挑戦し、できれば傑作を撮りたいと思います。

    遠藤雅信

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page