top of page
検索
  • masa-en

京成線千葉中央駅近くのとんかつ屋、「みくに」です


2024年5月10日(金)

京成線千葉中央駅からは、徒歩圏にあるとんかつのお店「みくに」に行きました。

(住所は、千葉県千葉市中央区新宿です。)

最近は飲食店もチェーン店が増えていますが、ここは昔ながらの家庭的なお店です。

(長年、地域に根ざした営業をしているのでしょう。)

まさに、ホッとする感じの店構えでした。

頼んだのは、お昼の定食メニューの1つでロースカツ定食です。

ご飯と味噌汁(豚汁)も付くセットです。

(更に、自家製のお新香も付きました。)

キャベツもたっぷりで、充実感のある定食です。

(お昼にしては、かなりのボリューム感と言えます。)

とても柔らかいお肉(ロース)を使っていました。

(そのお肉を、サクッと揚げています。)

ロースなので、脂身があります。

でも、その脂身が最高に美味しかったです。

しつっこい感じは、全くありません。

実に、スッキリとした味わいでした。

(やはり、とんかつは、ヒレよりもロースに限ります。)

この脂身が、特に気に入りました。

老夫婦2人だけで、細々とやっているお店です。

(お店自体も、コンパクトでした。)

ご主人は、寡黙でいかにも料理人(職人)と言った雰囲気の方です。

あと何年このお店が営業していられるかと言う、不安を感じました。

(跡継ぎがいないようで、近い将来、「絶滅メシ」になることは確実です。)

ちょっと寂しさを感じます。

そして、より一層、美味しさを噛みしめました。

(とても良心的で、素晴らしい味のロースカツ定食です。)

この味は残してほしいけど、お年寄りには無理して欲しくないと言う複雑な思いです。

「少子高齢化」が問題と言われますが、その波は確実に近寄って来ているのでしょう。

    遠藤雅信

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page