top of page
検索
  • masa-en

ペッパー君のいる「はま寿司」(佐倉下志津店)です


2021年6月13日(月) 回転寿司のお店はいくつかありますが、1番よく利用するのは「はま寿司」です。

(「はま寿司」は、ゼンショーが運営する回転寿司チェーン店です。)

最近の回転寿司店は、寿司だけを提供するのではなく、ラーメンやうどんと言った麺類、フライドポテト等のおつまみ、ケーキ・プリン等のデザートまで、多岐に亘る品揃えが特徴です。

一方では、ネタに徹底的にこだわる、本格的な回転寿司屋さんも存在します。

でも、圧倒的な支持を受けているのは前者の方で、特にこういう店では、ファミリー顧客の取り込みに成功しています。

言わば、やや大衆迎合型の回転寿司(チェーン店)ではないかなと思います。

「はま寿司」を、どちらかに分類すると、大衆迎合型と言うことができます。

とにかく、値段は安いと感じます。

それでいながら、品質にも信頼感があります。

(大量仕入と言う、チェーン店ならではのスケールメリットを活用しているのでしょう。)

また、常に、新しい商品にスポットライトを当て、各種のフェア等を開催しているのも楽しみです。

そんな理由もあり、自宅近くの「はま寿司」(佐倉市下志津店)は、よく利用する店の1つです。

このお店の入口では、店員の1人としてペッパー君が働いています。

このペッパー君は、ちゃんと「はま寿司」のユニフォーム(制服)を着ています。 店内に入ると、先ずは、ペッパー君が明るく元気な声で挨拶してくれます。

以前(ペッパー君導入前)は、従業員の1ポストとして、店入口での案内係がいました。

でも、この案内係の人が会計(精算)等の他の業務をやっていると、誰からの挨拶がないケースもありました。

今は、ペッパー君が、しっかりと抜けることなく、このポスト(案内係)を守っています。

そして、席の希望(カウンターかテーブルか)を確認し、テキパキと案内をしてくれます。

単なる、マスコットとしてのロボットではなく、ちゃんと1名分の仕事をしているのが、本当にすごいと思います。

(アルバイトの1ポストを完全に埋めています。)

ペッパー君はロボットなので、休日や休憩もとらないし、文句一つ言うこともありません。 賄(まかな)いの食事も食べません。 (たまに。充電は必要なのでしょうが。)

そして、時給は基本的に0円です。 店を運営する側にとっては、これほど貴重な戦力はないと言えるでしょう。

おまけに、ペッパー君はロボットなので、常に同じレベルでのサービスを提供してくれます。

そこもまた、いいと思います。

人間同士のように、聞き違いや言い間違い等は発生しません。

常に、安定したサービスをしてくれるのが素晴らしいです。

これからは、益々、ペッパー君のような接客ロボットが活躍する時代が来るのでしょうか? 高度な相談を要するような対応以外は、ロボットで代行できるとも考えられます。 まるで、人間とロボットが共存する、鉄腕アトムの世界のようだなとも思えます。 医療や介護の世界では、既にロボットは、かなりの戦力として使われているそうです。 もっと先だと思っていましたが、ロボットを街のあちこちで見かけ、AI機能を持つロボットが、人間の良きパートナーとして存在する社会の到来は、意外と間近いのかもしれません。

   遠藤雅信

閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page