top of page
検索
  • masa-en

チロルチョコの、ミルクキャラメルです


2023年5月31日(水)

チロルチョコは、日本で、もっとも値段が手頃で、もっとも有名なチョコレートのブランド名です。 製造している会社は「チロルチョコ」で、東京都千代田区外神田に本社があります。

但し、この「チロルチョコ」と言う会社名になったのは、2004年(平成16年)からです。

それ以前は、「松尾製菓」と言う会社名で、本社も福岡県田川市に置いていました。

「松尾製菓」の創業は、1903年(明治36年)だそうです。

そして、初めて、チロルチョコを発売したのは、1962年(昭和36年)です。

(それ以前の「松尾製菓」は、主にキャラメルを製造・販売する会社でした。)

チロルチョコは、発売以来、長きに亘り、特に子供たちの支持を受け続けてきたのですから、まさに伝説的なロングセラー商品です。

今、チロルチョコは、実に沢山の種類に増えています。 (次々に、新商品を生み出すアイデア力や、企画を具現化する技術力には、感心せざるをえません。)

スーパーやコンビニ等のお菓子を扱うショップで、チロルチョコのシリーズは、欠かせないアイテムと言えます。

先日、このチロルチョコの新発売商品、ミルクキャラメルを買いました。

キャラメル味のチョコなのか、チョコ風味のキャラメルなのか、正体がよくわからないお菓子です。

(正体不明ですが、美味しかったです。)

キャラメルとチョコ、どちらのいい所も取り入れていて、実に素晴らしいバランス感覚だと思いました。

(所謂、「いいとこ取り」です。)

「チロルチョコ」の前身の会社「松尾製菓」が、キャラメル製造の会社だったので、たぶん、強い思い入れもあるのでしょう。

チロルチョコのミニチョコは、ほぼ100%、真四角の立方体なのですが、これに限っては、長方形で棒状でした。

とても素敵な、お菓子(ミニ・チョコレート)だと、改めて思いました。

(個人的に、大好きなお菓子の1つです。)

パッケージのデザインも、スッキリとして、実に洗練されていました。

(大人が食べても、様になるようです。)

    遠藤雅信

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page