top of page
検索
  • masa-en

たゆたえども沈まず


2021年10月21日(木)

昨年、長期入院していた病院で、この本に出会いました。

ヒット作を連発している人気作家、原田マハさんの代表的な作品です。

初めて、本を手に取った時は、原田マハさんについての予備知識は全くありませんでした。

でも、この本をきっかけに、すっかり原田マハさんに嵌まってしまったと言えます。

構成がしっかりしていて、叙情的でもあり、とても奥の深い作品だと思いました。

全体のストーリーは、その生涯においては1枚も絵が売れなかった画家のゴッホと、そんな彼を支え続けた弟テオを中心に展開していきます。

2人の間にいろんな葛藤が起こったり、ゴッホが自己の芸術性を発揮する上で悩み苦しんだり、とてもピュアだと感じました。

個人的に、ゴッホの絵(作品)は大好きです。

東京で開催された、過去の「ゴッホ展」に、何度か足を運んだことがあります。 (日本人に、ゴッホ好きは多いですね。)

代表的なアイテムである、ひまわりの静物画もいいのですが、特に魅力を感じるのは、南フランスを描いた風景画です。

光の量が多いというか、とても明るくて綺麗な色調が特徴です。

ゴッホの天真爛漫さが、強く発揮されているなぁと感じます。 そんな私だからこそ、よけいに引き込まれた部分も多いと思います。

ゴッホは、沢山の素敵な作品を世に残しましたが、けして成功者にはなれませんでした。

弟のテオも、また、兄のことで苦労ばかりが背負い込む生涯になりました。

画家のゴッホは、若くして死を迎えますが、テオもまた、兄の死後、後を追うように亡くなります。

いろんなエピソードも散りばめられていて、実に読み応えのある作品でした。     遠藤雅信

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page