top of page
検索
  • masa-en

ずいぶん昔の、職場(三越札幌店)で撮った写真です


2023年12月9日(土)

もう、今から20年程も前のことです。

私は、社命で、初めての転勤(生活拠点の変更を伴う人事異動)を経験しました。

(それまでの勤務地は、全て首都圏内でした。)

地方転勤の行き先は、なんと北海道の札幌市でした。

最初にそのことを知った時、本当にびっくりしました。

北海道とはまるで縁がなく、それまで、旅行でも出かけたことはありませんでした。

(スキー等のウィンタースポーツもしなかったし、個人の旅行でも比較的暖かい所を選んで行っていました。)

たまたま、その年の夏に、会社の巡回出張で数時間、札幌を訪ねただけでした。

会社側にどういう意図があったのかは、よくわかりません。

でも、当時は、地方への転勤は頻繁に行われていて、その一環でもあったのでしょう。

寒冷の地で暮らすことに不安が伴いましたが、それはそれで、すぐに克服することができました。

(札幌は、外が寒い分、屋内とかはとても暖房が効いているのです。)

ただ、「春を待ち焦がれる気持ち」だけは、身をもって感じました。

雪に覆われていた地面が姿を表す時、それだけで感動を覚えたものです。

札幌市は、当時から人口170万人の大都市でした。

大企業の支社は多いし、情報交換等も活発に行われています。

「流行は北海道から」とも言われ、新商品の売り出しをテスト的に、先ず札幌で行うケースも多かったようです。

そういう意味では、東京との文化的違いを感じることは、ほとんどありませんでした。

北海道は、とてもいい所だと思います。

移民の歴史も長かったので、よその人間が入ってきても、比較的温かく迎える風土があります。

でっかいどうの自然に接する機会も多く、地元のグルメも実に美味しいです。

私は、札幌で5年間仕事をしました。

先日、その時の同僚が、当時の職場での写真を送ってくれました。

実に懐かしいメンバーの方々ばかりです。

(私は、写真の向かって1番右側で、スタンディングで写っています。)

遠いので、なかなか再会する機会はありませんが、地元のO B 会も開催されているので、いつか旧交を温めたいと思っています。

    遠藤雅信

閲覧数:66回0件のコメント

Comments


bottom of page