top of page
検索
  • masa-en

「DAISO(ダイソー)」で、人気商品のメスティンを買いました


2021年6月2日(水)

先日、100円ショップのチェーン店「DAISO(ダイソー)」で、メスティンと言う調理器具を買いました。

価格は100円ではなく、税込550円です。 (メイド・イン・チャイナでした。)

アルミ製の四角い鍋ですが、実に軽くて使い勝手が良さそうです。

折りたたみ式の柄が付いている点が、とても機能的に感じられました。

(アウトドアやキャンプでは、必須のクッキング用品だそうです。)

最近、TV の情報番組の中で、「見かけたら絶対に買うべき」と紹介していたのが、このメスティンでした。

超ヒット商品で、入荷してもたちまち売り切れてしまうそうです。 そのことを気にかけていて、たまたま「DAISO」に立ち寄った所、在庫があったので、即買いしました。

メスティンの使い道ですが、最も適しているのが炊飯です。

熱効率がいいことから、ご飯をふっくらと美味しく炊くことができます。

その後、実際に使うには、固形燃料と専用のコンパクトストーブが必要なことを知り、こちらは、それぞれアマゾンで買いました。

ご飯と言えば、電気式の炊飯器もしくは電子レンジで炊くのが一般的です。

今は、屋外のキャンプであっても、電気炊飯器を持ち込み、ポータブルバッテリーや発電機を使いながら、家にいるのと同じように調理をするのが流行っています。

キャンプ場という非日常の場であっても、できるだけ日常に近い生活をすると言うのが、基本的なコンセプトなのでしょう。

そんな中でも、わざわざ手間暇をかけてご飯を炊くことに、とても強い意志というか「こだわり」を感じました。

まさに、時間消費・手間消費型の商品と言えます。

これが時代(消費動向)の流れの1つと改めて認識しました。

それと同時に、100円ショップの扱うアイテムの多様性にも、心から感心しました。

   遠藤雅信

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page