top of page
検索
  • masa-en

「鰻の成瀬」(佐倉ユーカリが丘店)で、うな重・松です


2023年10月27日(金)

高級な鰻料理(うな重)が、比較的リーズナブルな価格で食べられることで評判のチェーン店に行きました。

店名は「鰻の成瀬」で、そこが最近オープンさせた佐倉ユーカリが丘店です。 (場所は、京成本線・ユーカリが丘駅の北口側で、駅から歩いてすぐの所でした。)

松・竹・梅と3種類ある中では、最も高価な松を頼んだので、鰻は実に大きく立派でした。

でも、値段を抑える為か、付いているのは肝吸いではなく普通のお吸い物でした。

鰻の表面は、とてもふっくらしています。

うな重と一緒に、醤油差しのような容れ物に入った、追いダレが付いてきました。

(これは、ちょっと珍しかったです。)

食べてみると、やや味が薄いことがわかったので、早速、この追いダレを使いました。

(追いダレがあって、本当に良かったと思いました。)

この店は、高価になり過ぎた鰻料理を、できるだけ安く提供することをコンセプトにしているので、メニューは絞り込んでいるし、カードや電子マネー等も一切使えない、現金オンリーのお店です。

(他の、目に見えない部分でも、いろいろ効率化を図っているのでしょう。)

合理化・マニュアル化等を進めることにより、一方で、昔ながらの「鰻屋」のイメージと、少し離れているように感じられました。

絶妙な焼き加減というか、香ばしさが足りないのです。

香ばしさには、香り(匂い)は勿論のこと、口に入れたときの食感もあります。

味としては悪くないのですが、香ばしさと言う点で、もう一つかなと思いました。

(物足りなさを感じました。)

食材に鰻を使った、所謂、ファーストフードなのでしょうか?

人それぞれで、味の好みは違うものです。

鰻の食べ方についての新しい提案が、これなのかもしれません。

(なるほど、そう言う捉え方もあるか。)

しかし、個人的には、職人の手作り感が希薄な鰻料理に、次回はないかなと言う感覚でした。

求める方向性が違うだけです。

(あくまでも、個人的な感想という事でご理解願います。)

そして、家の近くに新しい「食」の店ができたこと自体は、とても嬉しく思っています。

特に、和食関係のお店は大歓迎です。

    遠藤雅信

閲覧数:4回0件のコメント

コメント


bottom of page