top of page
検索
  • masa-en

「食堂バル スミカ」で、日替わりランチ(定食)です(82)


2023年11月27日(月)

先日、昼ごはんを「食堂バル スミカ」で食べました。(奥さんと一緒だったので、それぞれ別の物を注文し、シェアしながら食べました。)

今回、私が頼んだのは、日替わりのメニューの1つ、厚切り豚肩ロースしょうが焼き定食です。

しょうがの香りが爽やかで、お肉も軟らかく、とても美味しかったです。

豚肉は2枚で、本当に厚めにカットしてありました。

味噌汁は、魚のあらでダシをとっているので、実に濃厚です。

心から大満足の定食でした。

オーナーシェフの秋葉勇樹さんの料理には、いつも感心します。

開店3年目に突入しましたが、近隣の固定客も確実に増えていると思います。(それだけでなく、わざわざ遠くから食べに来るお客さんもいるようです。)

いずれは、志津(上志津)の名物店になることでしょう。

(場所は、京成本線・志津駅の南口から、徒歩で4分ぐらいの近さです。)「まだまだ頑張ります」と、秋葉さんは言っているので、できる限り応援したいと思いました。

食後は、別料金のホットコーヒーを飲みながら、ゆったりと過ごしました。また、毎年恒例になっていますが、今年も、クリスマス用のチキンボックスと、迎春用のオードブルセットを販売すると言うので、それぞれ予約を入れました。

チキンボックスは12月24日(日)、オードブルセットは12月31日(日)が受取日です。

こちらも、楽しみにしたいと思います。

    遠藤雅信

閲覧数:3回0件のコメント

Σχόλια


bottom of page