top of page
検索
  • masa-en

「食堂バル スミカ」で、日替わりランチ(定食)です(5)


2021年12月31日(金)

「食堂バル スミカ」さん(千葉県佐倉市上志津1621-7)は、最近、最もよく訪れている飲食店です。

主にランチ(昼食)とテイクアウトで利用しますが、今回も日替わりランチ(定食)を頼みました。 (ハンバーグランチ等の定番メニューもいいのですが、その都度、内容が変わる日替わりランチの方に、ついつい惹かれがちです。)

この店のオープンは、今年の11月18日でした。

オープンしたばかりの新しい店で、とても気に入っています。

店長(オーナーシェフ)の秋葉勇樹さんは、若くて(30代後半)、とてもしっかりしています。

話し好きで、サービス精神旺盛な性格も最高です。

しかも、彼の作る料理が、抜群に美味しいのです。

これまで、志津(佐倉市)に、こんなナイスな飲食店はありませんでした。

店名が「バル」なので、洋食のメニューが中心なのですが、日替わりランチ(定食)では、比較的、「和」のテイストの物を出してくれます。 私も含め、高齢者の好みにはピッタリと言えます。

そう言うメニューを提供してくれるのも、店長の心配りの一つだと思います。

今回の日替わりランチ(定食)のおかず(主菜)は、アジフライとメンチカツでした。

どちらも、サクッと揚がっていてとても香ばしい食感でした。

特に、アジフライは、肉厚の素材(鰺)を使っていて、実に美味しかったです。

味噌汁には、ダシに使われた海老の頭の部分も入っていました。

とても濃厚で、いい味わいの味噌汁でした。

全体に、きめ細かな配慮が感じられ、大満足のランチ(定食)です。

量も充分でした。

食後には、ホットコーヒー(セットドリンクとして別料金)を飲みながら、ゆったりと寛ぎました。

とてもリラックスできて、楽しい時間が持てたと言えます。 (この家庭的な雰囲気こそが、この店の特徴の1つです。)

このお店がオープンしてくれて良かったと、心から思っています。

     遠藤雅信

閲覧数:271回0件のコメント

Comments


bottom of page