top of page
検索
  • masa-en

「食堂バル スミカ」で、日替わりランチ(定食)です(3)


2021年12月19日(日)

先日のことですが、知り合いの方が「食堂バル スミカ」を訪ねて来られ、一緒に日替わりのランチ(定食)を食べました。

お客さんと言うのは、学生時代のサークルの先輩、沼さんこと沼尻清夫さんです。

今回の日替わりランチのメニューは、豚肉の塩ネギ炒めとコロッケでした。 (ご飯の量は、大盛にしました。)

肉の量は比較的たっぷりで、ほのかな塩味が効いていて、実に言い味わいです。

コロッケも、サクサクとした食感でした。 とても美味しくて、大満足です。

(この店の料理は、本当に美味しいと思います。)

店長の秋葉勇樹さんは、元々、本格的な洋食のシェフなのですが、家庭的な味も得意と言えます。

素材もよく厳選しているのか、いつも美味しくいただいています。

「マサ企画」としては、オフィスの近く(同じ建物内)に、こんな素敵なお店があることは実にいいことだと思います。

一緒に、同じ日替わりランチを食べた沼さんも、とても喜んでくれたようでした。 今は、佐倉市に仮住まい中ですが、その期間内に、是非また利用したいと言っていました。

テイクアウトを勧めると、白いソーセージ(ヴァイスヴルスト)とポテトサラダを、家族の為に購入していました。

美味しい料理は、人と人との間を一層円滑にするし、そこから新たなコミュニケーションも生んでくれると思いました。

まさに、料理は人生の潤滑油です。

お店の雰囲気や店長の人柄も気に入ってもらえたようなので、先輩に紹介して良かったと心から思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:173回0件のコメント

コメント


bottom of page