top of page
検索
  • masa-en

「食堂バル スミカ」で、ジェノベーゼとポテトのピッツァをテイクアウトです


2022年12月30日(金)

先日、お気に入りのレストラン「食堂バル スミカ」(千葉県佐倉市上志津)で、ピッツァをテイクアウトしました。

本当は、店内で夕飯を食べようと思って店に入ったのですが、予約席(リザーブド・シート)で満席になっていて、座る席がなかったのです。

(ちょうど、予約のお客さんが来店する前だったので、実は店内にお客さんは1人もいなかったのですが。)

それだけ、秋葉店長の料理を楽しみにして来店するお客さんが多いと言うことなのでしょう。

同じような考えの人は多いなと、実感しました。

そこで、方針転換です。

特製ピッツァを焼いてもらい、持ち帰ることにしました。

店長は、店にある材料を考えながら、ジェノベーゼとポテトのピッツァを作ってくれました。

ピッツァには、ハムも少し乗っています。

家までの移動時間はほぼないので、焼き立てに近い状況で食べることができました。

モッチリとした適度な食感で、スパイシーさもちょうど良かったです。

とても、味わい深くて、本当に美味しい特製ピッツァでした。

このピッツァの他にも、いくつか料理を頼み、それもテイクアウトしました。

そして、どの持ち帰り惣菜の味にも、大満足でした。

本当に、「食堂バル スミカ」さんは、イートインにもテイクアウトにも最適だと、改めて思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page