top of page
検索
  • masa-en

「食堂バル スミカ」さんで、鰆(さわら)のエスカベッシュをテイクアウトです


2024年4月7日(日)

「さわら」と言う種類の魚は、漢字で、さかな偏に春と書きます。

このことから、春の季節を代表する魚であることは、間違いありません。

(日本語の奥の深さを感じます。)

この、鰆を材料にしたエスカベッシュを、「食堂バル スミカ」でテイクアウトしました。

(「食堂バル スミカ」は、お昼ごはんによく利用している志津の飲食店です。)

エスカベッシュとは、所謂、南蛮漬けのことです。

白身の魚を油で揚げ、ビネガーやオイルで漬け込む料理法だそうです。

家で食べた所、さっぱりした酸味が特徴でした。

とても爽やかで、パンチのある味わいです。

(ヘルシーさも感じられます。)

癖が強いので、人によって好き嫌いもあるのでしょうが、私にとっては好きな味でした。

濃厚な風味で、とても美味しかったです。

心から満足の、お惣菜でした。

    遠藤雅信

閲覧数:36回0件のコメント

Comments


bottom of page