top of page
検索
  • masa-en

「食堂バル スミカ」さんで、スミカのハンバーグをテイクアウトです


2022年12月28日(水)

「食堂バル スミカ」(千葉県佐倉市上志津)は、昼食時によく利用する飲食店です。

バルと言うのは西洋風の居酒屋のことなので、メニューのメインは洋食です。

でも、オーナーシェフの秋葉勇樹さんは、とても研究熱心でサービス精神も旺盛なので、洋食以外の和食やエスニック等も工夫しながら出してくれます。

特に、複数ある日替わりメニューでは、必ず、和テーストの定食を加えてくれているのが、とても嬉しいです。

(その、和食系を注文するケースが圧倒的に多いと言えます。)

今回は、夕飯を店内で食べようと思って入店したのですが、全ての席が予約席になっていました。

しかも、その時点でのお客さんは、誰もいませんでした。

その日は、予約の人数だけで席数を超えてしまっていて、私が入店したのは、その予約客がまだ1人も来店していない、早い時間帯だったのでしょう。

そこで、何点かの料理をテイクアウトして、家で食べることにしました。

洋食系のオリジナルメニューの中から、スミカのハンバーグも頼みました。

(他に、ピッツァやチーズのフライ等も一緒にテイクアウトしました。)

ハンバーグは、デミグラスソースがたっぷりかかっていて、実にジューシーで美味しかったです。

この店のハンバーグは、本当にいい味です。

柔らかい食感で、深みのある味わいが特徴点です。

ハンバーグは、ある意味、洋食の基本となる料理なのでしょう。

それが美味しいと言うことは、シェフの腕が確かにいいことだと改めて思います。

本当に、心から大満足のハンバーグでした。

    遠藤雅信

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page