top of page
検索
  • masa-en

「食堂バル スミカ」が開店しました


2021年11月19日(金)

マサ企画(遠藤雅信の個人会社)の事務所は、佐倉市(千葉県)の上志津にあります。

自家保有マンションの1室(3階)です。

この3階建てマンションは、親から相続しました。

(建てたときのローンの一部が未返済のまま、亡くなってしまったので、ローンも含めて引き継ぎました。)

(今は、そのローンも払い終え、完全に自家保有となっています。)

1階が、店舗スペースになっていて、半分は、以前から美容室がテナントとして入っていました。

もう半分の部分が、1年余りの間、空テナントだったのですが、数ヶ月前に飲食店の入居が決まりました。

そして、10月1日から内装の工事に入っていました。

その工事が11月初めに完成し、昨日11月18日(木)、ついにオープンに辿り着きました。

お店の名前は「食堂バル スミカ」です。

店長は、これまで、本八幡の駅前で別のオーナーの下でレストランの責任者をしていた方です。

この度、地元の佐倉市に戻ることを決め、自分のお店を出したそうです。

若いですが、とてもしっかりしたレストラン経営者です。

バルという名前が示すように、割とカジュアルな、西洋居酒屋とでも言うべきレストランです。

ランチもありますし、夜はお酒も楽しめます。

とてもお洒落なお店にしてくれました。

東京の繁華街ならともかく、佐倉市の志津と言う街にはこれまでなかったような、超ハイセンスなお店です。

(本当に、志津は田舎ですから。)

(静かな住宅街ではありますが。)

昨日、店頭には開店祝いの花が沢山並べられ、改めて店長の人脈の広さを実感しました。

前に働いていた店のオーナーであり、プロゴルファーの丸山茂樹さんからは、大きな花(胡蝶蘭)が届いていました。

また、地元・佐倉市の著名人ナンバーワン、読売巨人軍終身監督の長嶋茂雄さんからの花もありました。

私も、建物のオーナーとして、ささやかな花を贈らせてもらいました。

いろんなメニューがありますが、個人的には、「ヴァイスヴルスト」と言う、本場ドイツの白いウィンナーを使った料理が絶品だと思います。

オープン前に関係者だけ集めたパーティーがあり、そこで試食させてもらいました。

他にも、いろいろ手の込んだ、素敵な料理が沢山並んでいます。

店内の雰囲気もアットホームで、実に居心地が良いと言えます。

何よりも、店長の秋葉さんを始めとする、スタッフの温かい心遣いが感じられ、とても気に入りました。

お近くにお越しの際は、是非ご利用いただきたいと思います。

    遠藤雅信

閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page