top of page
検索
  • masa-en

「米屋」(本社は千葉県成田市)の銘菓(千葉名産)、ぴーなっつ最中です


2024年6月6日(木)

地元(千葉県成田市)の老舗和菓子店「米屋」さんの銘菓、ぴーなっつ最中を買いました。

「米屋」の本店は、成田山新勝寺の参道沿いにあります。

(「なごみの米屋」と呼ばれることの方が多く、千葉県民に、昔から愛されているお店です。)

ぴーなっつ最中は、外見も落花生(ピーナッツ)そっくりに作られています。

(落花生は、千葉県の名産品の1つです。)

餡の部分に、ピーナッツの成分が入っているので、実に香ばしい味わいでした。

(餡は、小豆ではなく、白いんげん豆を材料にしています。)

皮の部分はしんなりしていて、餡との相性もバッチリです。

とても美味しかったです。

「名物に旨いものなし」と言いますが、ぴーなっつ最中については、そんなことないと思います。

最大の特徴は、千葉県の産品(落花生)を、魅力的な和菓子に加工していることです。

(千葉県産の落花生は、全国の出荷量の内、約84%を占めています。)

他の和菓子屋さんでは、似たような物も含め、扱っているのを見たことがありません。

そう言う意味では、独創性、希少性があると言えるでしょう。

これからも、「なごみの米屋」を応援したいと思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Comentarios


bottom of page