top of page
検索
  • masa-en

「津山屋」の和風ゼリー、巨峰の味です


2022年5月10日(火)

「津山屋」(本社は島根県出雲市)が製造元の、ゼリー菓子を買いました。

商品名は、巨峰の味です。

伝統的な和菓子の製法を用いた、昔ながらの懐かしいゼリーでした。

(常温で保存できるタイプです。)

てんぐさ等の海藻から作られる寒天が、ゼリーの主な原料です。

(寒天には、液体を固める効果があるのです。)

固めてゼリーにする際、水あめやぶどう(巨峰)の果汁等を加えています。

更に、表面をグラニュー糖をまぶし、全体的にかなり甘いお菓子(ゼリー)に仕上げていました。

この甘さは、疲れている時などにちょうどいいと感じました。

ゼリーのような、プルプル食感のお菓子を作るには、3通りの方法があるそうです。

1つめは、日本で昔から用いられてきたやり方で、寒天を使用します。 和菓子のゼリー等は、たいてい、この方法で作られています。 この他に、アガーとゼラチンと言う、それぞれ原料が異なる凝固剤を使って固める方法があり、これらは、プリンやババロア等の洋風菓子で使われています。

この中で、最も味わい深いのは、何と言っても寒天を使ったゼリー菓子だと思います。

(個人的な好みもありますが。)

今回の和風ゼリーは、巨峰の果汁をたっぷり使っていて、実にフルーティーでした。

とても美味しくて、心から気に入りました。

懐かしさ(素朴さ)も感じられます。

まさに、「クール ジャパン」(日本の伝統的な技術を活かした「優れもの」)だと思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page